黒わんこTeddy&茶わんこBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活の中で気になったことなど気の向くままに書いています


by Miya_and_Teddy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Emergency Hospital初体験

今週2度目のよっしぃ~宅訪問。前回と違い今回は他のお友達4人も一緒でした。
ティータイムのおやつは,このblogに時々コメントをしてくれるみじゅおさんお手製のシフォンケーキ。しかも,その場で生クリームを軽くホイップしてイチゴと一緒にシフォンケーキに添え,更に粉砂糖をかけるという,まるでカフェで出てくるようなシフォンケーキ。お味もお見事でした。

みんなで楽しくおしゃべりして時間は過ぎていき・・・・・5時過ぎ。
よっしぃ~のわんこLifeちゃんとじゃれていたTeddy。。。
フローリングで人間が取り囲んでいる中でじゃれていた時に一度キャウンと鳴いて異変が・・・・・

Teddyは困惑顔。

なぜって,足が立たないから。。。

足,怪我した?!

とは思ったものの,一通り触っても痛がる様子なし。骨は折れてなさそうだからちょっと安心。でも,立てない。なぜ?????
もしかして腰ひねった?

とりあえず急いで病院へ行くことに。
幸いよっしぃ~わんこLifeちゃんかかりつけのお医者さんがよっしぃ~宅のすぐ目の前にあるのでよっしぃ~に連れて行ってもらう。
しかし,予約なしな上初診のわんこだからか「Emergencyに行け」とあしらわれてしまった・・・。

更に幸いなことにその近くのEmergencyはよっしぃ~も行ったことがあるそうで,そこにもよっしぃ~が運転して連れて行ってくれたのだ。

Emergencyに着いた頃にはTeddyも落ち着き少しぎこちないけれど歩けるようになっていた。
もう大丈夫かな・・・とは思ったものの,よっしぃ~が「ちゃんと見てもらわな,あかんわ」とすごく心配してくれ,私もやはりちゃんと見てもらった方が安心できるのでEmergency初体験してきたのだ。

更にこれまた幸いなことに,普段は夜8時からの診察。しかし週末だからか金曜日は6時から。
受付を済ませ・・・・・・待つこと待つこと。待合室にはもう一組しか居なかったけれどほんと待ちました。あの待ち時間は一体なんだったんだろ?????
まぁもう一組の方が深刻な状態だったんだろうかなぁ・・・

ちゃんと問診に答えられるか心配だったけれど,私のつたない英語でも何とかTeddyの状況を伝えられホッ。多分腰の辺りに問題があるように思うと伝えておいた。
かつて動物病院でアルバイトしていた経験から今回のTeddyは「腰を抜かした」or「腰を捻った」ために足が立たなかったと予想した(はじめは膝のお皿がずれた?と思ったけれど様子を見ていてその可能性は低いかな・・・と予想)んだけれど,お医者さんに診察してもらうと・・・・・

獣医さんが腰椎を一つずつ念入りに触っていくと,かなり尾に近いところでTeddyがちょっと反応。
骨格を一通り確かめ,その上で言われたことは「可能性は2つ。1つは膝のお皿がずれた。もう一つは腰椎を押さえるとちょっと敏感なところがあるから,そこが原因かも。」とのこと。
とりあえず歩けているから4日ほど様子を見て,悪くなるようだったらすぐに病院へ行くようにということでした。

こっちのEmergencyの良いところは,今回の症状・診断についてかかりつけの動物病院へFAXをきちんと送ってくれること。日本みたいにいちいち診断書を書いてもらわなくてもいいのです。

そしてもう1点。うちはTeddyにAKCのPet Healthcare Planという保険をかけているのですが,その保険がきくということ。今回のEmergency,お薬(アスピリン4日分)と救急診察料で$83也。


最初から最後までずっとついていてくれたよっしぃ~,本当にありがとう。
私もTeddyも良い友達に出会えて本当に幸せです。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2005-08-19 23:58 |