黒わんこTeddy&茶わんこBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活の中で気になったことなど気の向くままに書いています


by Miya_and_Teddy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Eight Below

結局ブログは当分このまま食べ物ネタと日常ネタを取り混ぜてupしていこうと思います。Shiroさん,ばにー嬢,コメントありがとうございました。

ココまでupせずにいたネタを・・・ということで,まずは映画ネタから。
2月末の週末,パートナーが観に行きたいとのことで映画館へ「Eight Below(邦題「南極物語」だそうな)」に行ってきました。これはいわゆる「南極物語アメリカアレンジバージョン」と言った作品で,昭和基地での実話からのインスピレーションで作られたものらしい。

南極物語といえば,私が中学生時代に学校の映画上映会で観たのだから,かれこれ××年近く前の映画。その元話は昭和33年の昭和基地。
中学生当時はあの映画を観て非常に感動し,上映直後の体育館は目をウルウルさせた人がかなり多かった記憶が。 今でも断片的にシーンを覚えているくらいだから,かなり印象が強かったのだと思います。高倉健さんも格好良いし,夏目雅子さんも綺麗だし。佐藤浩市さんも出てたっけ?

そんな「南極物語」を知っている私なので,今回のEight Belowはやっぱり二番煎じ。しかも,アメリカ~ンな作り。どこがって?

日本じゃまだ上映前らしいので詳細を書くのは良くないかしら・・・ってことでちょっぴり。

・アメリカ~ンはハッピーエンドが好き。ゆえに悲しいシーンはかなり省かれている。
例:実際は15匹中生き残ったのはタロとジロだけ。でも,アメリカ~ンは8匹中6匹。
  つながれていた鎖からあまりにも簡単に逃れすぎ。

・わんこが演技しすぎ。どのくらいって?・・・・・笑えるくらい。

・研究者,そんなことにグラント使えんのちゃう?

他にも色々あるけれど,まこの辺までにしておきます。

これから日本でこの映画を観る予定の方,くれぐれも1983年の南極物語をイメージして見ることはおやめくださいませ。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2006-03-06 12:58 | entertainment