黒わんこTeddy&茶わんこBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活の中で気になったことなど気の向くままに書いています


by Miya_and_Teddy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

予防接種

Brownieが生後90日を過ぎたということで,予防接種を打ってもらうために動物病院へ行ってまいりました。

実は先月の旅行前,TeddyのHealth Certificateを作ってもらった時点から動物病院を変えました。ま,今までは引越し前に通っていた動物病院まで行っていただけのことで,担当の獣医さんが研修を受けるために引っ越してしまったので(別に問題があったから変えたというのではありません),どうせ担当医が変わるならついでに近い動物病院に変えればいいじゃないかと・・・。

この動物病院はパートナーが探し出したところで,評判などは全くわからなかったのですが,正解でした。

多分60歳くらいかもう少し上だと思うのですが,とても丁寧に診察してくれるのです。
今回初診のBrownie,ワクチン接種だけなのですが骨格から肉の付き具合,足の関節,目,耳,口,一通り何も言わなくてもチェックします。そして便検査も。飼い主が注意して世話をしなければならないこと,エサに関することなどその場でアドバイスをくれます。

前回Teddyの証明書を発行してもらったときも,EUの書式は初めてだと言っていたけれど添付書類なども完璧で,Paper Workに関してのみですが「むむむ,かなりできるな,おぬし!」と思っておりました。そして今日のこの診察。
もうこの時点で夫婦してこの先生にかな~り信頼を寄せていました(^^)

日本帰国時の検疫準備のためにマイクロチップ入れる必要があると伝えると,今日のBrownieのコンディションでそれが可能かどうか判断するためにさらに念入りにチェック。


そして最終的にBrownieはこの日パルボやジステンバーなどの5種+レプトスピラ症のワクチン1本,狂犬病のワクチン1本,マイクロチップ挿入のための注射(これは針が太いのだ!)を打たれたのでした。何かと大げさなBrownie,注射を打たれる度に悲壮な声をあげていました(^^;)


そしてTeddy。Teddyは3年有効の狂犬病ワクチンを昨年打ってあるので今年は5種+レプトスピラのワクチンのみ。Teddyの場合は「あれっ?今何した??」というかのように接種直後に獣医さんの方を振り返って見るだけ。Puppyの頃からずっとこの調子です。


さてわんこ飼いには気になる今日の費用。

診察料(2匹分)     $48.00
便検査料(2匹分)    $26.00
マイクロチップ挿入    $27.00
予防接種(Brownie)  $23.00
予防接種(Teddy)   $13.00
フロントライン1本     $14.75
Intercepter(12錠)   $45.50    
(フィラリア予防の薬と寄生虫駆除薬の合わさったもの)

        計     $197.25 チ~ン


この動物病院,クレジットカードでの支払いもツケ(2週間以内)も可能。ありがたいです。。。
犬を飼うのはお金がかかるのね~。そしてをれを払ってくれるのはパートナー。 Thank you! 
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2006-08-18 11:16 |