黒わんこTeddy&茶わんこBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活の中で気になったことなど気の向くままに書いています


by Miya_and_Teddy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

さて,そろそ先月の旅日記をupしようか・・・

両親の滞在中に行ってきたカナダ旅行からはや1か月近くがたとうとしているのに旅日記をupしていないため,パートナーから「blogをupしたら~?」だとか,「早くblogをupしないと!」なんて言われる日々が続いていた。

そろそろ腹をくくって書くとしようか・・・・。



といっても,一日ずつupするのは・・・・・,え~い!まとめてしまえー!!


ということで,2つの記事に収めることに決定♪


まずは・・・・
c0064838_1441152.jpg
見ての通りナイアガラです。
左上:アメリカのTerrapin Pointから見たカナダ滝
右上:ブライダルベールの滝の間近に組まれた木製デッキ
    (Cave of the Winds Toure)
左下:Whirlpool Aero Car
右下:Botanical Gardens(無料)

ナイアガラは2年前に一度いったことがあるのだけれど,前回はTerrapin Pointまでは行かなかった。今回は母親が二度目のナイアガラ(ただし,カナダ側のみ)観光ということで,アメリカ側の観光に重点を置いてみた。
Maid of the Mistには父と私が乗り込み,母とパートナーはわんこのお守り(^^)
Cave of the Winds Toureは「どっちでもいい」と言っていた両親だけれど,このツアーは私が「行ってみる価値あるよ~」と強く勧めて両親+私で参加(パートナーはわんこのお守り)
結果は大正解。両親とも顔・髪びしょぬれ(服は私の経験から裾を捲り上げていたので被害わずか)になりながらも喜んでいました。
ケーブルカーは朝一番の便だったので,貸切状態(^^)
Botanical Gardensはたまたまワイナリーへ向う道沿いにあったので,母の希望で寄ってみました。


お次は・・・
c0064838_1422199.jpg

Thousand Islands(この名前のドレッシングは有名ですよね)
上2枚:セント・ローレンスの小島に建つ家
    1つの島に1軒だけ・・・というのも結構あり
左下:Baldt Castle
右下:この小さな橋がアメリカ-カナダの国境(左:カナダ,右:アメリカ)

朝一番(9:00)に出発する3時間クルーズに間に合うように移動し,乗船。1時間クルーズは団体客で一杯だったけれど,幸い3時間クルーズはガラガラ。
このクルーズ,乗船前はさほど期待はしていなかったんだけれど,今回の旅で私が一番気に入った場所でした。こんな景色,ここじゃなきゃ見られないよ~(^^)


続きましては・・・・
c0064838_14315170.jpg

来年から住むことになるモントリオール。
左上:オリンピック公園
右上:Mcgill Universityの病院らしい・・・
中段:Old Montreal
下段:Jean-Talon Market

モントリオールオリンピックがあったのは1976年。私は生まれておりましたが,何せ当時はオリンピックには全く興味のない保育園児。記憶にはございません。
旧市街を歩いてみたものの,朝まだお店の開店前でしたので閑散としておりました。
マーケットでは,旅行中にも関わらず我が母はミニトマトを購入しておりました(^^)
買うときには試食させてくれるお店だったので味見をしましたが,よく熟れていて甘かった~♪
ちなみに,私は「苺」を購入。予想通りで,アメリカの苺とは違って結構甘かったですよん。
写真右下はブロッコリーにカリフラワー。色とりどりで面白かったので撮ってみました。


最後は・・・・
c0064838_14415786.jpg

トロントです。
左上:CN Tower
右上:ダウンタウン中心部
左下:オンタリオ州議事堂
右下:多分Royal Ontario Museum

ここはモントリオールから1日で一気にピッツバーグまで戻るには大変なので,宿泊のために寄った「おまけ」の観光場所です。
観光お決まりコースのCNタワー。両親+私でSky Podまで登ってきました。(パートナーは冬かと思う冷たい強風の吹き荒れる中,外でわんこのお守りをして1時間以上待ってくれていました。
寒くて寒くてわんこもブルブル,パートナーもブルブル。帰りがけ2匹は母と私の上着の中に入り大人しくしておりました(↓)  パートナーは大きすぎて温めてあげようにもそれは不可能でしたので,半袖のまま耐えてもらいました。
c0064838_14545537.jpg

[PR]
by Miya_and_Teddy | 2006-10-19 14:58 |