黒わんこTeddy&茶わんこBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活の中で気になったことなど気の向くままに書いています


by Miya_and_Teddy
カレンダー

2006年 04月 03日 ( 3 )

夕食

夕食って皆さんどれくらい時間かけて作っているのでしょう?

私の場合は大抵1時間。実家住まいだった頃母も1時間くらいかけていたのを考えると,こんなものなのかなぁ~と思いつつ,いつも5時になると夕食準備にとりかかる私です。何せ我がパートナー,帰宅時間は大抵6時過ぎ,遅くても6時半ですから(^^)


そんな我が家,先週はずっとポテトを切らしていて,ポテト無しの食事でした。もちろん,パートナーの好きなカレーも作れません。やはり玉ネギとポテトは常備していないと,メニューを考えるのにちょっと困ります。なので,日曜日にポテト10lb(約4.5kg)を買ってきました。

そしてこの日早速ポテトを使った料理を・・・・と思い,作る気になったのはマカロニポテトサラダ。このサラダ,私はエビとマカロニを茹でる以外全て電子レンジで済ませてしまいます。でも,野菜サラダに比べると作るのに手間がかかってしまう。・・・・ということは,メインは時間をかけずにできるもの且つパートナーが文句を言わないもの・・・・・ってなことで決まったのがイタリアンソーセージ。

アメリカのソーセージの多くは生。焼くか茹でるかしないと食べられません。我が家の場合は大抵ゆでます。そうすると,一般的に塩分たっぷりのアメリカ~ンなソーセージも日本人向けの塩加減になるから。言ってみれば健康のためです。
それに,焼くとひっくり返す手間がかかるけれど,茹でると放っておいても大丈夫。一石二鳥。いひっ。

そうやって,手間をかける料理とかけない料理を組み合わせて何とか1時間で準備終了。
c0064838_11535593.jpg
これが我が家の今日の夕食でした。


追記:ポテトサラダの味がイマイチとおっしゃる方,是非一つまみのお砂糖とお手持ちのドレッシングを加えてみてください。マヨネーズの単調な味に変化がでて美味しくなります♪ 我が家は大抵Italian&Thousand Islandを加えます。日本に居た時はゴマドレも入れていました(^^)
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2006-04-03 21:28 | 食生活
日本から卒業生(Kちゃん&Tちゃん)がわざわざマイナーなピッツに遊びに来てくれるのだから,ちょっとくらいメジャーな所にも連れて行ってあげよう・・・・ということで,ピッツから週末2泊3日で遊びに行くのに程よい場所を3箇所ほどピックアップ。その中からKちゃんとTちゃん2人に行き先を選んでもらった。 それがD.C.。


D.C.で丸一日過ごせるようにパートナーは金曜日午後から休みを取ってくれたのだ。
そんな金曜日の午前中。遊んでいるのももったいないので,教会の英会話教室にKちゃん&Tちゃんと一緒に参加。二人とも中・高と結構英語教育の盛んな学校で過ごし,Kちゃんなんて某大学のスピーチコンテストで上位入賞するほどだったのに,大学に入って全然英語を話す機会がないということだ。まぁ,自分が大学生の時を考えても,英語なんて研究室に留学生がいるときくらいしか使わなかったよなぁ。。。
2人とも久しぶりの英会話でとても楽しかったらしい。終わった後車の中で「日本に戻ってどこ言ったらお金をかけずに英会話の練習ができるか」という話題も出ていたので,行動派の2人のこと,きっと留学生会館とか国際交流会館を探していることでしょう(^^)
ちなみに,この2人は医学生&薬学生で,教会の英会話に参加している友達(お医者さん&製薬会社の研究者さん)にもお話を伺うことができてとっても喜んでいました。ありがとう♪


そしてD.C.移動。
金曜日はD.C.に近づくにつれ渋滞。予定よりちょっと遅れたけれど,なんとかホテルにチェックインし,日暮れ前にパートナーが前々からチェックしていたレストランへ到着することができたのでした。
この日の夕食は美人4人姉妹が経営するというFour SistersにてKちゃん・Tちゃんは軽めにということでおかゆ。パートナーと私は麺を。
c0064838_7562584.jpg


翌日土曜日は桜祭りの初日。
c0064838_1305844.jpg
Tちゃんのリクエストで最優先のスパイ博物館へ開館時刻前にたどり着くようにホテルを出発したものの,どうやら最初の2時間はチケットがsold out。予定を変更して,午後のチケットを手に入れ,先にモールを周ることにしたものの,どこもまだ開館前の時間につき,モールを東から西へ向い,ホワイトハウス・アインシュタイン像・リンカーン像を見に移動。
c0064838_84399.jpg

アインシュタイン像は予想以上の大きさでしたが,なんとも言えない可愛らしさがあり,パートナーを含め全員妙にお気に入り。前回D.C.に来た時はその存在を知らなかったために見落としてしまったアインシュタインくん。今回は会えてよかったのだわん♪



c0064838_8344324.jpg
ちょうど桜祭りのイベントで凧揚げ大会がワシントンモニュメントの北西側の芝生で開催されていて,形も色も色々な凧が上がっていて,参加者も見学者もどちらも楽しそうでした。

昼はちょっぴり早めに・・・と思っていたものの,結局モールの西端からチャイナタウンまで歩いて移動したので程よい時刻に。この日は飲茶を楽しんだのでした。
午後はお目当てのスパイ博物館から。
c0064838_838270.jpg
ここは妙にパートナーがはまっており,体験タイプのものは一通り試しておりました(^^)

c0064838_8404199.jpg最後は自然史博物館。やはり理系の2人の選択はアートよりこちらでした。私は1度来たことがあるので,新しい展示&特設の展示コーナーだけ見て,歩き回った疲れが出てきてあとは休憩。
やはり大学生は若いわ(^^;)
結局閉館時間ギリギリまで2人は見てまわっていました。。。

モールって建築物を外から見るだけでも結構楽しいのだけれど,中も盛り沢山で楽しいのだ。だから時間が経つのもあっという間。1日3か所がせいぜいかな。。。前回のD.C.旅行では時間的に2か所しか周ることができなかったもんな~。
何でもかんでも広すぎます。

c0064838_12583124.jpg

ちょうどメトロの駅に向うとき,ワシントンモニュメントと夕日の風景が見事だったのでパチリ。




夕食は食べ放題のTODAIに。 4人ともこの日1日歩き回ったのでお腹もぺこぺこ。かなり食べまくっていました(^^)


今回のD.C.小旅行,満開の桜を堪能するには勇み足だったようです。D.C.の満開の桜は「USAのんびり亭」日記をご覧くださいませ。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2006-04-03 13:10 |

靴を訪ねて三千里

冬からずっと可愛い靴が欲しくて靴屋をさまよい続けてきた。
といっても,アメリカに来て以来金銭感覚が完全に(?)変わってしまい,$40もすると「わっ,高っ!」などと感じてしまう始末。靴が気に入っても$30以下じゃないと即決では買わなくなっているような気がします。
だって,アメリカで・・・いや,ピッツで生活する限り,普段高級品なんて要らないんですもの。周囲で見かける人も,ブランドもの持っているのは日本人・韓国人・見るからにお金持ってそうなアメリカ人くらい。
なのであと○年で帰国することが決まっている人のように「日本での生活」を想定してショッピングすることもまずない。逆に「いつ引越しになるか分からないし,次の土地にどれくらい居ることになるのかも分からないから,とりあえず引っ越す時に捨てていってももったいなくないものを」という基準で買い物をすることが多い。これがもしあと2年で日本に帰りますっていうようなことであれば,日本に戻った時に使えるであろう服・靴などを今から買いまくっていると思います。

そんな私なので,こっちに来て買った靴といえば$11のChampionのスニーカー,$14の飾り気のない黒の草履。サンダルというより草履なのだ。

なんてチープな私(^^)


で,話を元に戻します。
そんな私が気に入る靴をずーっと探し続けてきたのです。でも,デザインが可愛くてもサイズが合わない(アメリカの靴は幅が狭いものが多い)か,可愛いけれど靴擦れができそうな予感がしたり,デザイン・履き心地は妥協点に達していても値段が高かったり・・・でコレといった靴にずっと出会えませんでした。
そんな靴探しの旅がやっと今日終わりを迎えたのです。

今日やっと巡りあえた靴
c0064838_12311433.jpg

サイズはほんのちょっとだけ大きいのですがまず問題なし。履き心地は○。多分これなら靴擦れすることなく長時間履けそう。ただ,問題は・・・・値段でした。
一番気に入ったのは写真左COACHのミュール。そう,ブランドだけに値段が・・・・。。。。
普段なら諦めてお店を後にするところですが,前回日本に帰ったときに履く靴が碌になくてちょっと大変だった(といっても,ほとんどアメリカのようにスニーカーで済ませたのですが)ので,「これなら日本でも履けるよなぁ~」と心が揺れ動き,んー,自分のカードで買おうかなぁ・・・なんて考えているともう一足右のミュール。これもジーンズに合いそう。履き心地も○。飾りのチャームが私の好み。値段もCOACHの6割。これでも十分だから今回COACHは我慢しようかなぁ~。なんて悩んでいたところ,一緒に買い物に来ていたパートナーが「お誕生日プレゼントがそれでいいのなら,両方買ってあげるよ♪」と。

普通ならここで「わぁ~い♪」となるところですが,実はつい最近「誕生日プレゼントに何でも欲しいもの買ってあげる」と言われ,「Teddyの妹!」と即答した私。
Teddyの妹とミュール2足を天秤にかけねばならなかったのです。。。。。


ま,Teddyの妹がやってくるとしても今すぐの話ではないので,結局はミュール2足を買ってもらうことにしたのでした(^^)

きっとTeddyの妹は誕生日プレゼントかクリスマスプレゼントとしていつの日か我が家にやってくることでしょう♪

パートナー殿,ありがとね♪♪
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2006-04-03 12:45 | shopping