黒わんこTeddy&茶わんこBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活の中で気になったことなど気の向くままに書いています


by Miya_and_Teddy
カレンダー

2006年 07月 25日 ( 1 )

7月7日

c0064838_5355254.jpg
朝9時30分発の特急列車(IC)でミュンヘン中央駅を出発し,ウィーン西駅へ到着したのが1時35分。基本的に電車内で犬はリーシュ,口輪をつけていればクレートにいれなくてもO.K.なのです。Teddy用の口輪なんて持っていないし,Teddyも口輪をつけたことがないので,恐らく装着しても嫌がっていたと思うのですが,Toy Poodleのような小型犬の場合は更に甘く口輪をせずに膝の上に出していても大丈夫でした(検札の時に注意されることもありませんでした)。
 セカンドクラスのコンパートメントは片側3人ずつの6人用になっていましたが,冷房も効いていてシートが新幹線のグリーン車並に広い上,ヘッドレストもコの字型(左右両サイド部分が飛び出している)になっているので座ったまま楽に眠ることができて快適でした。

 ウィーン到着後は地下鉄でホテルのあるKettenbrückengasse(ケッテンブリュッケンガッセ)駅へ向い,そこから3ブロックほどのところにあるホリデーインにチェックイン。この時点ですでにお昼を食べるには遅い時間だったので即ランチに出かけることにしたのですが,なんとパートナーの希望はホテル隣にあったチャイニーズバッフェのレストラン。えーっ,ウィーンでの食事がいきなりチャイニーズ???なんて思ったのですが,「チャイニーズも場所によって全然味が違うから旅先でも食べてみないとダメなんだ。」とのこと。ま,空腹時のパートナーは簡単にイライラモード突入してしまうので食べるレストランを捜して決める手間を考えると早いところパートナーのすきっ腹を満たす方が良いかと思い同意したのでした。

 ここのランチ,お店に入ったのが3時10分前ほどだったのですが,店員さんによると「あと10分でハッピーアワーで安くなるよ」とのことでしばし水を飲んで待っておりました。でも,時間が来る前に「もう取りにいけばいいよ」ってなことで,スタート!
 ちなみに,このレストランは室内席のみなのでTeddyをリュックに入れてお店に入ったのですが,リュックにカーディガンをかけるのを忘れ(メッシュ部分から中が見えるので)ていたら鉄板焼コーナー付近にいたシェフが目敏く見つけたらしく,なんとわんこ用の水をシェフ自ら持ってきてくれたのでした。爆  このレストラン,店内もわんこO.K.なのね。。。。ということでその後はTeddyをリュックから出して食事を続けたのでした。

お腹も膨れ,早速近場探検。
c0064838_5371039.jpg
幸いホテルから歩いて5分ほどのKettenbrückengasse駅前にナッシュマルクト(市場)があるのでそこを散策することにしました。この市場では色々面白いものが売られていました。そのうちの一つがこぶたちゃん。
c0064838_544430.jpg
ちょっとグロテスク?
ナッシュマルクトは500mくらい続いているので,一通り見て歩くだけでも結構時間がかかってしまいます。

散策後はホテルにいったん戻り一休み。その後夕食をどうするかという話になったけれど,ランチが遅かった上にバッフェでお腹がそれほど空いていないので,ウィーンでの楽しみの一つだったカフェへ行ってみることにしました。ガイドブックに載っていたカフェの中でホテルに一番近いカフェがSperl(シュペール)。
c0064838_539329.jpg

ここにもありました,屋外にテーブルが♪Teddy同伴でも安心して座ることができます。席について注文したのが・・・私:ザッハートルテ、アインシュぺナー(いわゆるウィンナーコーヒー),パートナー:トプフェンシュトゥルーテル、メランジェ。美味しかったです~♪♪

カフェからホテルへの帰りがけにパートナーが食べたがっていたケバブ(最初にホテルに向って歩いていた時点でホテル前にあるのをチェック済み)を1つ購入。これもお肉たっぷりな上安く(2.5ユーロ),美味でした。

あ,帰りがけにスーパーでお水を買うついでに缶ビールも買っちゃいました。だって,お店で飲むよりはるかに安いんですもの♪
c0064838_541363.jpg

[PR]
by Miya_and_Teddy | 2006-07-25 17:04 | 旅(独・墺・デンマーク)