黒わんこTeddy&茶わんこBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活の中で気になったことなど気の向くままに書いています


by Miya_and_Teddy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:旅(南仏)( 5 )

南仏旅行記 その5

1月7日 ニース→パリ

SNCFのTGVにてパリに戻る。


今回の旅行で感じたこと
・どこに行っても日本人観光客に会う。まぁ,ガイドブックに載っているところに行っているのだから当然といえば当然なんだけれど,世界は狭いなぁ~。

・Teddy君,大変よく歩きました。毎日人間の足で2万歩近く。わんこ足だと・・・・相当だよね。ちなみにBrownieは歩いているより抱っこされていることの方が多かったとパートナーは指摘しております。人ごみと聞きなれない音が苦手なBrownie,わんこ学校へ通う必要があるかと思われます。

・わんこO.K.のお店が多く,持参したわんこバッグを使う機会はほとんどありませんでした。昼食のときにモナコで1度使っただけかな。。。。。ちなみに,ニースからのバス(10分乗っても1時間の距離でも一人1回1.3ユーロ),モナコのバス(一人1回1ユーロ)ともにわんこはそのまま乗車できました。


ということで,南仏のコート・ダジュールはわんこ連れで旅するにはとても楽な街でした。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-01 16:48 | 旅(南仏)

南仏旅行記 その4

1月6日 サン・ポール・ド・ヴァンス,ヴァンス観光


朝一番・・・というほど早い時間ではなかったけれど,サレヤ広場のマルシェで日本でも一時期流行した焼菓子のカヌレとニースサブレ,これまたニース名物のピサラディエール(イワシとオニオンのピザ)を買い,開店前のレストランの軒先で朝食を済ませたのでした。
c0064838_21294069.jpg
子どもの頃には親に注意された記憶のある所謂「買い食い」ですが,旅先でも朝食をきちんと摂っているあたり,健康的で普段より良いかも・・・(^^;)


朝食後サント・レパサット大聖堂を見学(予想以上の豪華さに驚愕)。
c0064838_21311945.jpg


c0064838_21301533.jpg更に途中のお店でニース名物のパン・パニャ(丸いパンにニース風サラダ・・・所謂野菜ツナサラダをはさんだもの)と,これまたニース名物のイワシのフライを手に入れ,ほどよい時間になったのでバスターミナルへ向った・・・・・・ものの,そこでTeddyのバッグ(わんこを入れるカバンのことです)をどこかへ忘れてきたことに気付き,パートナーが来た道を探しに逆戻り。しかしながら手ぶらでバスターミナルに戻ってきてしまったので,私が朝食を食べた場所(パートナーはここまで戻らなかったバスターミナルから一番離れたサレヤ市場)まで戻り無事発見。かばんを見つけた時点でバスの出発予定時刻まではあと10分ちょい。バスターミナルまでギリギリというところだけれど,冬場ある限度以上走ると喘息が出てしまう私は走ることができず,焦りつつもただひたすら早足でバスターミナルへ向ったのでした。

前日まではニースから東方向を中心に観光していたのですが,この日は400番のバスで西へ向うこと約45分。そこはこれまた鷲の巣村として知られるサン・ポール・ド・ヴァンス(St-Paul de Vence)。
c0064838_21333425.jpg

この村にはあちこちに・・・というより,お店の並ぶ通りの両サイドがほぼ全部画廊というような村。通りの両脇に並ぶ家々は16世紀~17世紀にかけて建てられたものらしく,石造りの壁が続いている。この村でも城壁を入ってすぐのところで,TeddyとBrownieはまたまたアイドル状態になってしました(^^;)どうやらフランスではチョコレートカラーのトイプードルが珍しいらしく,他の犬連れの観光客からもどこでBrownieを手に入れたのか聞かれる始末。「アメリカよ」という答えに妙に納得していました。笑

この村にもマーグ財団美術館という美術好きにはたまらない美術館があるのだけれど,我が家には無縁でした(^^;)

c0064838_21344058.jpg

この村の教会は外から見ると「教会?それとも別もの?」と思うほど質素な様相だけれど,中に一歩入ると予想を裏切るものでした。

おまけ画像「教会から出てくる私を待つTeddy&Brownie,そしてパートナー」
c0064838_21354129.jpg


バス停近くのお土産物屋さんで見つけたわんこの調味料入れ。
c0064838_21364136.jpg
買いたかったけれど,我が家にはすでに友人からいただいたおしゃれな調味料入れがあるので我慢我慢。



ロザリオ礼拝堂(Chapelle du Rosaire)の公開時間に合わせて,来た時と同じ400番バスで更に先のヴァンス(Vence)へ移動。まずはヴァンスのインフォメーションセンターへ向かおうとしたものの,ガイドブックの情報とはバス停の位置が変わっていたようで,通りを歩きながら地図と格闘していたらなんとも親切な郵便配達のおじさんが「あっちだよ」と教えてくれたのでした(^^)
c0064838_21382561.jpg

ヴァンスも中世の街が残っており,まずは旧市街を散策。城壁内の中心には大聖堂があるはず・・・ということで行ってみたけれど,どこにでもありそうな普通の教会で拍子抜け。でも一応内部を見学したのでした。
c0064838_21393058.jpg
後でわかったのだけれど,この教会にはどうやらシャガールのモザイク画「パピルスの中のモーゼ」というのがあったらしい(^^;)

ロザリオ礼拝堂が開くまでまだ少し時間があったので,旧市街近くのカフェで昼食。ここは屋外にも席が沢山あったので,わんこ連れでも気兼ねなく食事ができました。ちなみに,斜め向かいの席に座っていた中年夫婦もわんこ連れ。そのせいかTeddyとBrownieに盛んに笑顔を向けていました(^^)
ご夫婦の食後にわんこたちの写真を撮らせて欲しいとお願いしたところ快諾。とっても「美しい」わんこたちでした。
c0064838_21405717.jpg



食後は旧市街をあとにし,旧市街から見ると北方向,谷を越えたところにあるロザリオ礼拝堂へトコトコと歩いて向ったのですが,途中でわんこのPo○袋を発見。ここの袋はよくあるポリ袋ではなく,珍しく紙製のもの(↓)でした。
c0064838_21421155.jpg


さて,ロザリオ礼拝堂,マティスが設計・装飾を手がけた,しかもその晩年の作ということらしい。故に観光で訪れる人も多い模様。ちなみに,私が中で見学している間に日本人団体観光バスがやってきたらしい(パートナー曰く)が,バスから降りて外側を見ただけで去っていったそうな。残念ながら内部は写真撮影禁止ゆえに写真は外観のみです。
c0064838_21424538.jpg



ヴァンス観光を終え,バスターミナルに戻ると・・・・来るときと同じ運転手さん。暗雲が近づく中,お手洗い休憩なのかどうか,ドアを閉めてバスを離れてしまった運転手さん。「雨が降る前に戻ってきて~」と祈っていたら,ちゃんと戻ってきてくれました(^^)


ニース最後の夕食はニース料理攻め。しばらく旧市街をうろちょろしたものの,パートナーがどうしてもニース料理が食べたい!ということで,ニース名物を出すNISSA SOCCAというお店へ向ったのでした。一応わんこカバンを持参していたのですが,店内わんこO.K.とのことで,カバンの出番無し。この日は「ニース」の名前がついたスープ,ラタトゥイユ,ソッカ(トウモロコシの粉のクレープ)・シーフードパスタを注文。ソッカは2人前からとメニューには書いていたけれど,何も言わなくても1人前で焼いてきてくれたのに二人で感動。
c0064838_21434658.jpg
この日はグラスワインも注文。この地方(プロヴァンス)のロゼを選んだのだけれど,メニューには250mlとあったのに出てきた量は400ml以上。思わず「2人とも飲むと間違えた?」 と心配するほど。でも,お勘定はちゃんと一人分。ソッカも一人前分。全体的にお料理も安く,とても良心的なお店でした。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-01 15:27 | 旅(南仏)

南仏旅行記 その3

前回ブログを更新してから1週間以上ネットにつながない(つなげない?)日々でした。コメント・メールを下さった方々,放ったらかしにしてすみませんでした。

さて,ネットができるうちにちゃっちゃと南仏旅行記の最終章までupすることにします。



1月5日 ヴィルフランス・シュル・メール,ロクブリュヌ・カップ・マルタン,モナコ観光

今回の旅の写真はパートナーがほとんど一人で撮りまくっており,4日までにメモリーの残りが少なくなってしまっていたので,朝の出発をゆっくりにしてニースから移動する前にネットカフェにて写真をスマートメディアへの取り込み作業を済ませ,更にカフェで朝食。その後ホテルから徒歩30秒のところにあるにも関わらずパートナーの立てた予定のおかげで行けずにいたノートルダム教会を見学。実は教会めぐりは私が旅で楽しみにしていることなのです。
c0064838_21191060.jpg

古い教会は内部が暗いところが多いのですが,ノートルダム教会の内部は意外と明るかったのが印象的でした。



SNCF(フランスの国鉄)でニース駅からヴィルフランシュ・シュル・メール(Villefranche sur Mer)という港町へ移動し,海岸線を散歩。
c0064838_21212437.jpg
ここではなんと1月というのに泳いでいる人がいてびっくり。「こっちに行くと良いんだ!」とネット情報を信じるパートナーは街並みとは反対方向へ。多分街並みの写真を撮るにはその方向が良いのだろうけれど,その先には何もないことを確信していた私はとりあえずわんこたちの記念撮影!
c0064838_21194794.jpg
その後はわんこたちとのんびり海を見ながらパートナーが戻ってくるのを待っていたのでした(^^)
c0064838_21203474.jpg

そして更にどうしてもここでランチを食べようとするパートナー。時間的にまだお店が本格的に開いていない上,小さな町だからお店も少ない。次の町に移動してからでもいいのでは???と思いつつも,計画通りにしないと気がすまないところがあるパートナーが「ここにしよう」というお店で軽く・・・・と思ったら意外と時間がかかり,パートナーが乗ると決めていた時刻の電車に間に合うかどうか心配しつつ食べる羽目になったのでした。
このお店はどうやら東南アジア(中国?ベトナム?)あたりの女性との国際結婚夫婦が経営しているようで,メニューがとても怪しかったのです。オムレツなのにカレーオムレツやらMi-Hyaoオムレツやらがメニューに載っている。思わずそれらを注文してしまったのでした。時間はかかったけれどお味はなかなかのものでした。


再びSNCFの駅に戻り,今度はロクブリュヌ・カップ・マルタン(Roquebrune Cap Martin)へ向うためにチケットを買おうとしたら,電車を降りるときには開いていた駅舎が閉まっており小銭しか使えない自動券売機でしかチケットが買えないときた。生憎小銭をあまり持っておらず,どうしようか迷ったパートナー。とりあえずあるだけの小銭で買えるチケットを購入したのでした。

電車に乗るときに車掌さんがチケットをチェック。このときに事情を説明すると「差額が小額だからそのままで良いよ」なんて日本のJRでは考えられないような反応。こんなんで良いんでしょうか?ちなみに,小銭がなくて券売機で切符を買えない場合は乗車時に車掌さんから買えるようです。

さて,実はここまでの段階ですでにパートナーの計画は崩れていたのでした。当初の予定では電車でマントンまで行き,そこから113番のバスでロクブリュヌへ向うはずだったのですが,113番バスは本数が少ないため乗った電車でマントンまで行ってもバスに間に合わなくなっていたのです。仕方なくロクブリュヌ駅で下車したのですが,ここからが大変な道のりでした。

ロクブリュヌ村は標高300mのところにあるいわゆる「鷲の巣村」。駅は海岸沿い。つま~り300mの山登り。道のりは階段・階段・階段。行けども進めども曲がった先にはまた階段。山の斜面を通る道を2本だか3本だか渡り,登り続け,人間もわんこもヘトヘトになったころにやっと村にたどり着いたのでした。バスで来れば村のすぐ近くまでこられたはずなのに~。。。。。。
c0064838_21231697.jpg

村のてっぺんにはロクブリュヌ城(城といっても立派なものを想像してはいけません)が残っており,ここへはわんこたちも入ることができたので一緒に見学。流石に眺めは・・・良すぎて,足が少々すくみました(^^;)
c0064838_21233771.jpg


村を見学した後,再び長く続く階段を下ったのですが,上りがけ(村へ向うのに最後に渡った道路)に100番バスの停留所があるのを見つけていたので,100番バスに乗ってモナコへ再びむかったのでした。

なぜ前日に続きこの日もモナコ?と思うかもしれません。カジノ目的じゃありません。我が家には家事ので遊ぶお金はありませ~ん。
この日の目的はモナコの夜景。
c0064838_21241827.jpg

日が暮れるまでまだしばらくあったので,町を少し歩いたり教会を見学したり,更に宮殿近くのカフェで時間をつぶし,モナコの夜景とカジノなどのライトアップを楽しんだのでした。

さて,ここでちょっとわんこ情報。
モナコでは芝生のほとんどがわんこ進入禁止で看板があちこちに立っています。当然わんこのpo○が道路にも転がっているのですが,なんとこんなものを発見してしまったのです。
c0064838_212440100.jpg

何かわかりましたか?



わんこトイレ。ここだけはp○oの処理を気にせずにわんこに排泄させても良いということのようです。


モナコで夜景を楽しんだ後はバスではなく電車でニースに戻り(前日バスを利用して渋滞にはまりかなり時間がかかったため),駅前で夕食。パートナーは駅前にあるチャイニーズのBuffet Volantaireが食べ放題だと思ってそこで夕食をとる心積もりだったのですが,どうやら食べ放題では無さそうだったので,AH-HAアジアファーストフードに変更したのでした。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-01 13:52 | 旅(南仏)

南仏旅行記 その2

1月4日 エズ・モナコ・マントン観光

朝ニースの長距離バスターミナルから出る112番のバスに乗り海岸線沿いのかなり高いところにある道を走ることちょうど20分。そこはエズ(Eze)のバス停。
c0064838_21333742.jpg
エズ村は鷲の巣村と言われ,海岸からは見えないように険しい岩山の頂上(427m)に作られ村の周囲は城壁で囲まれている。城跡は今は熱帯庭園になっており,サボテンだらけ。
インフォメーションセンターが村の入り口(右手奥)にあったのだけれど閉まっておりドアには「City Hallへ行け」と表示があるのみ。ガイドブックには地図が出ておらず,本当ならここでエズ村の地図が手に入れられるはずだったので当然「City Hallはどこじゃ?」状態。村を歩いていた人に聞いても英語が通じず,結局地図を手に入れることを断念し,適当に村を歩いてなんとか頂上にある熱帯庭園にたどり着いたのでした。そこからの景色はとても素晴しいのだけれど下を見ると恐い。。。。ここでTeddy&Brownieの記念撮影。
c0064838_21341432.jpg

村を一通り歩いて後にするころには,村の入り口の駐車場もほぼ満車状態。村内の道はとても細いので,観光客の少ない午前一番に訪れたのはどうやら正解でした。

エズ村からパートナーの予定では「ニーチェの小道」なる「険しい岩山の上から海岸線まで通じる道」を降りて電車で次の目的地へ向うことになっていたのですが,「ニーチェの小道」と思われる道への入り口が鎖で閉じられており,予定変更して112番のバスで更に移動。なんとバスに乗ってみるとエズに来た時と同じ運転手さん。時間的に考えてみるとこの路線を同じ運転手さんが何往復もしている模様でした。

さて,112番バスで向ったのはモナコ公国。バスは終点で降り,そこから5分ばかり歩くとすぐにplace du casinoが見え,その美しさに感動。
c0064838_21372498.jpg
モナコは全体的にお洒落です。お店も通りも建物も,全く「陰鬱」な部分が見えない。それほど国全体が豊かなのだろう。
c0064838_21351442.jpg

カジノからモナコグランプリのコース沿いに坂道を下り,今度は大公宮殿広場への坂道&階段を上る。TeddyとBrownieはここでも他の観光客から微笑みかけられておりました。
宮殿広場でもTeddy&Brownie記念撮影。
c0064838_21361453.jpg


大公宮殿から近いところにある教会。ここにはグレース・ケリーが眠っているとのこと。せっかく撮った写真はパートナーに誤って削除されてしまったのでした。涙
c0064838_21464469.jpg



この日のランチは宮殿広場から再びモナコグランプリのコースへ戻りRue des OrangersとRue Imbertyの交差する南角にあるplanet pastaというお店で,前菜にマグロのカルパッチョ,パートナーはボロネーゼ,私はカルボナーラを注文。
c0064838_2142032.jpg
このお店に入る前パートナーは「なんかいかにもなんちゃって料理の美味しくなさそうな名前だから他の店にしよう」なんて言っていたのですが,私がパスタを食べたい気分だったので「ここが良い!」と無理やり入って大正解。さすが南仏,イタリアが近いだけあって,パスタはちゃんとアルデンテでとても美味でした。

またまたパートナーの予定ではこの日エズ村とモナコ観光で1日が過ぎる予定だったのですが,時間はまだまだた~っぷり。ということで,翌日以降に行く予定だったマントン(Menton)へ100番バスで向ったのでした。Avenue de VerdumとAvenue Boyerにはさまれたビオヴェ庭園付近でバスを降りたのですが,この庭園ではミニ(とは言いがたい規模だけれど)動物園ができており,大勢の子どもで賑わっていました。
インフォメーションセンターに入ると「日本人?コクトーね」と片言日本語で対応してくれるのには驚き。どうやらコクトー美術館を訪れる日本人が多いようです。しかしながら我が家は2人とも美術には関心ほとんど無し。コクトー美術館も夕方マントン観光の最後に外から写真を撮っただけでした。
c0064838_21424668.jpg


観光を終えた夕方「ケーキ食べたい病」が再発していた私。バスの中からチェックを入れていたカフェでマロンケーキとカフェオレでちょっと休息をとり,再び100番バスでニースへ戻ったのでした。
c0064838_21452436.jpg


ニースへ向う途中,再びモナコ公国を通ったのですが夕方の大渋滞に巻き込まれすっかり途中で日が暮れてしまいました。しかし,そのおかげでカジノや教会のイルミネーション,海岸沿いの町の夜景を楽しむことが出来たのはラッキーでした。

この日の夕食はニース市内のブラッセリーLa Taverne Alsacienneにてパートナーは生牡蠣6つとブイヤベース,私はmenuで前菜に生牡蠣,メインにシーフード盛合わせ(酢漬けキャベツ・ザワークラウトとの組み合わせが新鮮でした),デザートにクリームキャラメル(いわゆるプリン)で満腹♪
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-01-23 14:31 | 旅(南仏)

南仏旅行記 その1

1月3日 ニース観光
朝8時半前のTGVに乗り,一路南へ。2007年最初の旅行先はニース。
今回はニースを中心に近隣の町・村を訪ねる4泊5日の旅。

パリからニースまではTGVで6時間ほどかかるので,初日は移動+ちょっぴりニース観光するだけで終わりました。しかし,この「ちょっぴり」というのが実はかなり大変だったのです。

ニースへ向うTGV内でのTeddy
c0064838_2150833.jpg


ニースへ到着後はまずホテルにチェックイン(Mercure Notre Dam:わんこ同伴可・4泊)し,旧市街へ早速向うことにした(すでにこの日・・・というよりこの旅で見て周るコースはパートナーの中で決定しており,私はついて行って途中で自分の希望をリクエストするのみ)。途中で遅いランチのサンドウィッチを手に入れて裁判所前の階段でさっと食べ,向うは城跡公園。しか~し,手持ちの地図には車道は書いてあるものの車の通れない階段などの通路は表示されておらず,旧市街側のどこから城跡公園へ上がれるのか不明なまま。「こっちかな~,いや行き止まりだ,じゃあっちだ」と見える階段を上がったものの,そこはまだ城跡公園からはちょっと外れたところ。それでも眺めは十分良かったので2人で「ま,いっか」と納得
c0064838_2155730.jpg

途中で見かけた毒キノコ型の教会屋根&可愛らしいドアのある毒きのことは別の教会

次の観光場所Promenade des Anglais(プロムナード・デ・ザングレ)。このプロムナードは海岸沿いの広~い遊歩道のある通りで,もともとイギリス人の居留者が作ったからこんな名前(Anglais=イギリス人)がついているそうな。この遊歩道での散歩を楽しむ観光客・地元民が大勢いてとても賑わっていました。
ここでもTeddyとBrownieはわんこ好きな人に沢山の微笑みをもらっていました(^^)
c0064838_21585784.jpg


実はここからが大変だったのです。どう大変だったかというのは,別にハプニングや問題が起こったわけではなく,遊歩道から城跡公園方向を見たときにこの道から城跡公園へと続く階段を見つけてしまい,夕暮れ間近に再び山登り・・・というのは大げさですが,展望台へと向かう長い階段を上る羽目になったので,体力的に大変だった・・・という訳です。
c0064838_224588.jpg

城跡公園への路は長く険しかったのですが,そこからの景色を見ればそんな大変さは何のその!でした。
c0064838_21574963.jpg


夕食はサレヤ広場にあるシーフード料理のお店Le Grand Bleuにてニース風サラダとブイヤベースを注文。このお店,わんこ連れもO.K.です。料理は高かったけれど,とっても美味しいブイヤベースでした♪
c0064838_2202996.jpg

[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-01-18 14:46 | 旅(南仏)