「ほっ」と。キャンペーン

黒わんこTeddy&茶わんこBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活の中で気になったことなど気の向くままに書いています


by Miya_and_Teddy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ピッツバーグより

無事28日の夜にピッツバーグに到着しました。
何かと問題の発生するシャルル・ド・ゴール空港,今回もやはり色々と問題がありました。
セキュリティーを通り抜けるまでに要した時間1時間ちょい(^^;)ちなみに,チェックインで大行列ができていたわけでは決してありません。というより,誰も並んでいなかったのでした。
なぜこんなに時間がかかる~????


そしてデトロイトについてしばらくしたら,ピッツバーグ行きの飛行機がキャンセルに(^^;)
航空会社はその日の宿泊・夕食・翌日のランチのクーポン券を用意してくれていたのですが,1便早い飛行機にまだ空席があったので振り替えてもらい無事28日のうちにピッツバーグに到着することができました。


1日はパートナーのTax Returnの書類を大学に取りに行ったり,動物病院へ狂犬病抗体検査の書類を受け取りに行ったり,車の修理に行ったり・・・あっという間にピッツバーグ初日が終わってしまいました。心配していた車ですが,ストレージスペースに3か月放置していたにも関わらず,エンジン一発始動!とても優秀なバッテリーでした。ただ,左前タイヤの空気がかなり抜けていました。

修理というのは引越し前から右前タイヤに摩擦音がかなりの頻度で発生しており,ブレーキと関連がありそうなので,モントリオールまでの長距離ドライブ前に心配の種を無くしておこうということでディーラーへ車を持って行ったのでした。
この修理も1日預けかなと思ったものの,4時間程度で修理が完了し,とりあえずピッツバーグでパートナーのTO DO LISTの内容はすべて終了したのでした。

あとは私の用事だけ。これも2日中に終わる予定。そして明日3日朝にはモントリオールへ向けてピッツバーグを発ちます。もう少しピッツバーグでゆっくりしたかったけれど,パートナーの仕事の都合もあるので仕方ありません。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-28 20:02 | 日常

パリ最終日

パリ生活もいよいよ今晩で終わります。明日はアパートを引き払い、お昼すぎの便でアメリカへ向けて発つ予定です。

インターネットの無い生活は最初の1か月かなり大変でしたが、パリではルビパパさん・ルビママさんや語学学校でできたお友達のおかげで楽しく過ごすことができました。思えば犬がきっかけの出会いでした(^^)犬好きには良い人が多いのでだわんっ♪



3か月というのは本当にあっという間でしたが、多分パートナーは仕事にほぼ休みなしで出かけていたので「パリで生活をする」というより、「長期出張」という感覚で終わったのではないかと思います。もう少し一緒にパリの街を楽しめると良かったのですが、それを言うのは贅沢すぎることですよね。ま、フランスで「美味しいものを食べる」という楽しみは一緒に味わえたのでそれで十分でしょう。

今後の我が家ですが、ピッツバーグに2日ほど滞在して、その後次の居住地モントリオールへと移動します。次回ブログがupできるのはいつになるかわかりませんが、気長にお待ちいただけると幸いです。
[PR]
by miya_and_Teddy | 2007-02-27 17:23 | 日常

わんこ写真特集♪

パリのアパートを引き払ってピッツに戻り,モントリオールへ移動する日が刻一刻と近づいております。おそらくモントリオールで落ち着くまで今まで以上になかなかブログをupできないと思うのでいまのうちに連続up!・


Teddy&Brownieアップ写真特集。
①ダイエットに成功したTeddy
c0064838_23391410.jpg



②嫌いなドライヤー&ブラシから開放された後のTeddy曰く「ぼくのことは放っておいてください」
c0064838_23393824.jpg



③濡鼠Brownie
c0064838_234019.jpg



④実はあたち,こんなに大きくなったのよ♪でも,まだ小っちゃいけどね(^^)
c0064838_23404057.jpg



⑤パリに来て手縫いで作ったフリースのお洋服&毛糸の帽子
c0064838_23411797.jpg
パリは暖冬で2月に入って出番はほとんどありませんでした。

⑥おまけで,わんこ洋品店で見かけたトイプーのパピー(6か月)
c0064838_2342761.jpg
断尾していないとこんなに尻尾が長いのね~。でも,サイズはすでに現在9か月のBrownieと同じでした。


TeddyとBrownieには関係ないけれど,バレンタインデーのパートナーからのプレゼント
c0064838_23424756.jpg

[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-22 23:37 |

わんこデート再び

日曜日の話ですが,ぱりじぇんぬ犬ルビーちゃんのパパさんと,そのお友達のユリスちゃんのママさんにブローニュの森へ一緒にわんこ散歩に連れて行っていたきました。ブローニュの森で待ち合わせをするのは危険(広すぎて会えない可能性大)ということで,当日はルビパパさんの車でのお迎え付き♪

車に乗る前に久しぶりに会うルビーちゃん,初対面のユリスちゃんにTeddyとBrownieがご挨拶。わんこたちが少し落ち着いたところでいざ出発!


湖の周りをまずは一周。途中で少しきつめの斜面の芝生でBrownieが池へ向かってダッシュ。池の手前には遊歩道があるのですが,芝の最後と遊歩道に少し段差があるので「転ぶ!!」と焦った私。Brownieも同様に焦ったようで,急ブレーキをかけてなんとか停止。しかし,その後びっこをひいている状態で歩くのが痛そう。骨は折れてなさそう。となると膝蓋骨脱臼?とまたまた焦ったのですが,何かにつけ大げさなBrownieなので少し抱っこして歩いて様子を見ることにしたのでした。しばらく経って歩かせてみるといつも通り。やっぱりね(^^) でも,これからはBrownieの行動に気をつけねば!

コーヒーブレイク後は小川のほとりをお散歩。するとここでまたしてもハプニング。4匹の写真を撮ろうということで並んでSTAYさせようとしていると,今度はユリスちゃんが前足を痛がり始めたのです。うまく力を入れて前足をつけない状態になってしまい,ユリスちゃんはママさんに抱っこされて折り返し地点から駐車場へ向かったのでした。車に戻るころには少し元気が出てママさんの腕の中でもぞもぞし始めましたが,歩けるもののやはりちょっと痛そうなのが見ていてとても可哀そうでした。


4匹お散歩記念に撮った写真が↓・・といっても,私は肝心のカメラを忘れてしまったので,ルビパパさんの写真を拝借(写真使用を快諾してくださってありがとうございます)
c0064838_23182416.jpg


お散歩後にロンシャン競馬場横の道を車でわざわざ遠回りして見せてくださったルビパパさんにはパリでお世話になりっ放し。しかも最後にその仕上げとばかりにコーヒー代を渡し忘れた私。いつかこの借りはお返しいたします!

後日の話。
前回カメラを忘れたので,二日後に語学学校が終わった後早速2匹をつれてお散歩に行って写真を撮ってきました。

c0064838_2329385.jpg


今回はアパートからすべて徒歩。アパートからまずはロンシャン競馬場近くにあるCascadeまで行き,その後前回の湖周回コースを歩き,メトロ9番線のLa Muette駅近くにある山崎へ寄り,(ちょっと遠回りコースで)アパートへ戻る。このコース,約10km。

Cascade(小滝)は裏側へも行くことができます。←日曜日に教えてもらったばかり(^^;)
c0064838_2323025.jpg


途中で見かけた花は桜?!
c0064838_2323418.jpg


湖には小島が2つあり,そのうちのひとつにはレストランまであるそうな。島までは渡し舟が出ておりました。
c0064838_23244810.jpg



お散歩コースの2/3ほどのところ,湖近くの芝生(多分Pelouses de la Muette)で2匹を遊ばせたのですが,まだ2匹は走り回って遊ぶだけの体力がありました(^^)
c0064838_23282373.jpg
c0064838_23294059.jpg
c0064838_23295999.jpg
たいていBrownieが走って行ったTeddyを追いかけるというパターン。Teddyだけが遠くへ行くとキュ~ンと鳴くBrownieはお兄ちゃんが大好きみたいです。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-22 23:30

パリでの外食 その2

先週の土曜日,お世話になっているパリ大の先生ご夫妻とDinnerへ出かけてきました。行き先は前回(その1)行くつもりだったのに予約していなかったために10時からしか駄目と言われたレストラン。今回はパリ大の先生に予約の電話をしていただいていたおかげで無事食事ができたのでした(^^)

L’Os à Moelle
3, rue Vasco de Gama
75015 Paris
Tél: 01 45 57 27 27

このレストランは座席数30ほどの小さなお店。メニューも38ユーロのコース料理のみ。このお値段でコース・・・というと,一般的には前菜-メイン-デザート。ここもそうなのだろうと思っていたらなんのその。メニューの書かれた黒板を見てみんな驚いたのでした。というのも,コースの内容は↓のようなものだったからです。

c0064838_21282389.jpg


1つずつのお料理のボリュームは程よく,女性でもデザートまで無事ありつけます。満腹感を求める男性には物足りないかもしれませんが,いろいろなものを味わいたいという私のようなタイプの人には嬉しい内容でした。

お料理の感想ですが,私が選択したものはすべて満足のいくものでした。
スープはお野菜とお魚から1つ。お野菜のスープは今ひとつだったらしいのですが,お魚のほうは○でした。
前菜はタマゴ,牡蠣,ウナギ(しらす)。タマゴはごく普通の目玉焼きに野菜が添えられている程度なので,選択するなら他の2品が正解。
お魚料理は2種類ありましたが,名前を覚えておらず(^^;)これはどちらも○
お肉料理は3種類。牛肉,子羊肉,・・・・・・もうひとつは忘れてしまいました。汗
これはみんな子羊肉を選んだので他はわかりませんが,子羊肉はとても柔らかく,ジューシーで大満足。
チーズはハードタイプのものでした。私の好みはカマンベールやブリー,エポワスのようなクリーミーなものなので,今ひとつ。でも,選択の余地がなかったので仕方ありません。
デザートは4種類あったのでみんな1つずつ違うものを食べてみようと4種類オーダーしたのでした。
c0064838_22545449.jpg

38ユーロでこれだけ食べられれば大満足!
今回もまたパリ大の先生にご馳走になってしまったのでした。

ちなみにお店の名前になっているL’Os à Moelleというのは牛肉の骨髄の部分。フランス伝統料理の1つらしいのですが狂牛病発生以来人気が↓だとか。「狂牛病が怖いから牛肉は食べない」という海外生活者もいるようですが,我が家は二人とも気にしないタイプのようです。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-22 15:44 | 食生活
今日のパリ
アメリカへ戻る日が1週間後となったこの日,借りているアパートの『Brownieのいたずら』の痕跡を少しでも無くす・・・・のは無理なので,減らすために
B.H.V.へ買出しに出かけてきました。

行きがけに見つけて意外だった風景

c0064838_2334835.jpg

パリ市庁舎とチャイニーズの旧正月用らしき提灯


パリらしいなぁと思ったB.H.V.の1コーナー
c0064838_23343485.jpg



写真のポツポツは全部ノブ。写真に写っている棚は一部のみ。実際にはこの3倍ほどあります。
拡大してみると・・・
c0064838_2335533.jpg

c0064838_23362059.jpg

[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-21 23:31 | 日常

パリでの外食 その1

今年に入り外食すること数回。パリでファーストフードやお手軽チャイニーズ以外で外食するとなると結構な費用になるのでなるべく外食しないように・・・と頑張ってきたのですが,やはりおいしいものもアメリカ大陸に戻る前にちゃんと食べとかないと!ということで出かけてきました。

c0064838_23353355.jpg


このお店,名前は忘れました。あ,いや,パートナーに聞けば簡単にわかります。場所はモンパルナスのEdgar Quinet駅からRue de la Gaîté(南方向)へ1ブロック,Rue du Maineとの交差点の東角にあります。

パートナーはオニオンスープとカモ肉,私はスモークしたカモとフォアグラの野菜サラダにカモ肉。

周囲を見るとほとんどの人は前菜を頼まずメインのみ。実際にお料理が出てきてその理由が理解できました。何しろすごくお皿が大きい!

お値段はサラダが12ユーロ,カモが19ユーロ(20だったっけ?)。メインのみで済ませても十分おなかが膨れるのでDinnerが20ユーロほどで済み安い!このお店,アルコールも結構安いと思います。


おそらく,パートナーが後で「きちんとお店の情報を載せないと」と言いつつ,お店の情報を提供してくれると思いますので詳しくわかりましたらまた記事を編集します。

------------------------
お店情報
Le Plomb du Cantal
3, rue de la Gaîté 75014 Paris
tél: 10 43 35 16 92

4, boulevard Saint-Denis 75010 Paris
tél: 01 42 08 01 11
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-19 23:13 | 食生活

家族と観光

先月の話になるのですが,パートナーの家族(両親・弟・伯母)がパリに遊びに来ておりました。両親ともにまだ現役で仕事をしていることもあり,滞在は4泊,しかも到着は夕方で初日は観光する時間なし。パリには見所がたくさんあるので,どこへ案内するか悩みに悩みました。伯母は海外旅行。両親・弟は私たちが結婚式を挙げたハワイ以来2度目の海外旅行。となると,やはりガイドブックに載る有名どころはまわっておかねば!と行った先のいくつかをご紹介します。

ベルサイユ宮殿・シャルトル大聖堂:もう少し滞在日数があればモン・サン・ミシェルかロワーヌの古城めぐりに行きたかったのですが,4日の滞在であまり移動に時間をとられるのはもったいない。ということで,パリから比較的近い&有名なベルサイユ宮殿を見に行くことにしたのです。そして,ついでに世界遺産に指定されたシャルトル大聖堂へも寄ろうということにしたのです。

ベルサイユ宮殿はとても混むという話なので朝の開館時刻にあわせてパリを出発。それでもすでに観光バスが5台ほど駐車場にとまっており,さらに次々と観光バスが到着している。団体観光客の大部分は日本人と中国人グループでした。
セキュリティチェックでは団体と個人で分れており,団体はこの時点ですでに列ができておりました(個人は誰もおらず・・・暇すぎて係員すら席をはずしている始末)
c0064838_22274866.jpg

ベルサイユ宮殿は前回(2004年)にパリに来た際,鏡の間が工事中ということで見に来なかったのですが,今回「もう工事終わってるよなぁ~」と思いつつ来てみたら・・・まだ工事中(;_;)悲しかった。。。

伯母は「ベルサイユのバラ」ファンだったようで,目をキラキラさせながら見学。「ここがあのベルサイユのバラの舞台なんだね~」なんて思いながら見ていたんでしょうね(^^)


ベルサイユ・シャンティ駅前でランチ用にケバブやパニエと飲み物を買い,電車待ちの時間を利用して食事を済ませ,SNCFで一路シャルトルへ。
c0064838_22295877.jpg
駅から歩いて大聖堂へ向かうと,大聖堂前の広場・・・というか空き地というか・・・多分大聖堂が世界遺産に指定されてから広場を作る目的で建物が撤去されたのでは・・・と思われるようなところでまたしても日本人団体観光グループに遭遇。
シャルトル・ノートルダム大聖堂。期待以上のものでした。そのステンドグラスの美しさは言うまでもないのですが,建物の規模がこれまたすごい!なんでここにこんな立派な大聖堂が?と思うような見事さでした。
c0064838_22321595.jpg


その後シャルトルの町を少しぶらぶらしているときにふらふらっと入ったケーキ屋さんでシャルトル名物のお菓子を発見。一番喜んでいたのは我がパートナーでした。
その頃から雨がぱらぱらしていたのですが,駅まであと100mほどというところにきて雨は土砂降りに。とりあえず映画館の入り口で小雨になるまで雨宿りをしていたら・・・・・乗ろうと思っていた電車に乗り損ね,そこから更に1時間ほど駅で時間つぶしをする羽目になってしまったのでした。

この日の夕食はJusseuのモスクでクスクスを食べたのでした。(クスクス初体験!)
c0064838_22403783.jpg


c0064838_22451478.jpg翌朝一番,ルーブル美術館へ。ルーブルを隅々まで見るというのはとても危険(伯母が疲れ果ててしまう)な上,絵にはあまり興味の無いメンバーなので,絵画はモナリザを見る程度,他も有名どころとだけ見てまわることにしました。デゥノン翼にはほとんど入らず,シュリー翼とリシュリュウ翼を中心に半分ほど見て終了。エジプト・メソポタミアコーナーとナポレオン3世の居室,ピュジェの中庭,マルリーの中庭,中世のルーブルなどなどを見て歩いたのでした。(これだけでも十分歩き疲れていたようでした)c0064838_22464474.jpg

昼食はLEONでムール貝を堪能。午後はシテ島へ移動し,ノートルダム大聖堂,サンシャペル教会,コンシェルジェリーを見学。
c0064838_22472928.jpg


c0064838_22523367.jpg


このあたりはパリでお世話になっているルビーちゃんファミリーのブログに紹介されているので省略させていただきます(^^)

そんなこんなのパリ観光でした。←無理やり終わらせています
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-19 22:53 | 旅(パリ&近郊)

パリのわんこ用品店

パリに引っ越す前に心配だったわんこ用品の調達。そんなときに見つけたブログが「ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記」

わんこのフード情報やお散歩情報,獣医さん情報といろいろルビーちゃんの飼い主さんに教えていただいたおかげで,TeddyもBrownieもパリライフを楽しむことができている・・・・と信じております(^^)


さて,今回はパリで見つけた(いや,正確にはこれも教えていただいた)わんこお店をご紹介。

c0064838_22112165.jpg



今通っている語学学校から歩いてすぐのところにあるC4Vというお店。友達によるとかかりつけの獣医さんにこのお店を推薦されたとか。中に入ってみると

入り口側
c0064838_22114410.jpg


奥側
c0064838_22122480.jpg



初めてお店に寄ったときについついその可愛らしさに買ってしまったモノ
c0064838_22131151.jpg


わんこのぷー袋

C4V
59, rue Notre des Champs (Angle rue Vavin)
75006 Paris
Tél: 01 43 25 06 00



その他にわんこ用品を置いているお店は「ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記」にいろいろと紹介されています。
(昨日もう1店発見しました。場所はメトロ10番線のCharles Michels駅を出てすぐの交差点にあります。名前は忘れてしまいました。汗  大阪にある雑貨店っぽいお店ですが,その中にペット用品コーナーがあり,ここはわんこバッグの品揃えが充実していました。大量に天井からペットバッグをぶら下げているあたりがまさに大阪下町のお店っぽい!でも,リーシュなどはBHVの方が安かった・・・・。)
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-05 12:26 |

南仏旅行記 その5

1月7日 ニース→パリ

SNCFのTGVにてパリに戻る。


今回の旅行で感じたこと
・どこに行っても日本人観光客に会う。まぁ,ガイドブックに載っているところに行っているのだから当然といえば当然なんだけれど,世界は狭いなぁ~。

・Teddy君,大変よく歩きました。毎日人間の足で2万歩近く。わんこ足だと・・・・相当だよね。ちなみにBrownieは歩いているより抱っこされていることの方が多かったとパートナーは指摘しております。人ごみと聞きなれない音が苦手なBrownie,わんこ学校へ通う必要があるかと思われます。

・わんこO.K.のお店が多く,持参したわんこバッグを使う機会はほとんどありませんでした。昼食のときにモナコで1度使っただけかな。。。。。ちなみに,ニースからのバス(10分乗っても1時間の距離でも一人1回1.3ユーロ),モナコのバス(一人1回1ユーロ)ともにわんこはそのまま乗車できました。


ということで,南仏のコート・ダジュールはわんこ連れで旅するにはとても楽な街でした。
[PR]
by Miya_and_Teddy | 2007-02-01 16:48 | 旅(南仏)